堺市 パート看護師

こんな素敵な最期を迎えた患者さん。私も見習いたい患者さん。

看護師として働いてから、沢山の患者さんの最期に立ち会ってきました。

 

患者さんの最期って本当にその人の生き様がわかるなって思うんですよね(´・Д・)」

 

沢山のお見舞いの人に見守られながら最期の時を過ごす患者さん。

 

誰もお見舞いもなく、一人寂しい最期を迎える患者さん。

 

やはり、人柄が良く周りへの気遣いのある患者さんは、惜しまれ毎日のように家族が来てくれたり、お見舞いの人で病室が溢れています(*^o^*)

 

反対に、せっかく家族が来てくれても冷たい事ばかり言ったり、我儘な事ばかり言う患者さんは徐々にお見舞いの足も遠のき、最期はひとりぼっち…(T ^ T)

 

明暗が分かれますね。

 

私が関わってきた患者さんの中で、印象深かった患者さんがいるんですよね。

 

脳腫瘍を患っている50代の女性患者さんでした。

 

治療の副作用により、髪は抜け落ちバンダナを頭に巻いていましたが、いつも笑顔のたえない患者さん。

 

治療の副作用だって、脳腫瘍による痛みだって、よほど酷いはずなのに、絶対に弱音を吐かないし、苦しい姿は見せないんです>_<

 

まだ新人だった私には、その辛さが理解出来ていませんでした。

 

しかし、先輩ナースから
「普通はね、酷い痛みでとても笑顔なんか出る状態じゃないんだよ。
しかも、あの患者さん痛み止めもあまり使ってないの。
モルヒネを使って寝たきりになるのが嫌なんだって。」

 

えっ(;゚Д゚艸)
そうだったんだ…。

 

いつも私にも優しく声をかけてくれて、癒されるなぁなんて思ってたけど、本当はすごく辛かったんだ…。
私ったら何も気づかないで…(T ^ T)

 

その患者さんの病室には、いつも沢山のお見舞いの人が来ていました。

 

娘さん、息子さん、旦那さん、親戚、友人…入れ替わり立ち代り、患者さんのそばには必ず誰かいるんですよね。

 

病室は常にお花で溢れているし…。

 

最期の時が近いと知っていたその患者さんは、出来るだけみんなと笑顔で過ごしたいからと、モルヒネは最期の最後まで我慢していました。

 

そして、最後の時…。
モルヒネで意識は全くない患者さんの周りには、沢山の人が体をさすったり、手を握ったり…。

 

みんなで患者さんを励ましてくれているようでした(*^_^*)

 

泣きながら
「がんばったね。がんばったね。」
と声をかけている家族や友人。

 

そんな中で患者さんは息を引き取られました。

 

患者さんが、激しい痛みを我慢してまでも最後まで大事にした家族や友人に見守られ、本当に幸せそうな最期でした。

 

どんなに自分が辛くても、思いやりがあって優しくて…自分のことよりも周りの人の事を常に考えている患者さんの姿は、本当に素晴らしいと思いました(*^o^*)

 

看護師として働いていても、ついつい患者さんのことより業務を優先してしまったり、仕事での疲れを家族に当たってしまったり…そんな自分が恥ずかしく思いましたね…(T ^ T)

 

この患者さんの生き様は、自分の胸にも大きく刻もう…。

 

自分が最期を迎える時、こんな最期を迎えられるように生きていきたい…そう強く思いましたね(*´艸`*)